GW最終日の夜に走った、61分

GWの最終日の最も憂鬱な時間帯に走ってきましたので、報告です。

 

憂鬱を乗り越えて走る。

このブログを作ったし、GWの不摂生の付けを払う意味で走りました。

最初は60分走るつもりで走り始めて20~30分くらい走ってるときに気持ちが乗らなくて、「途中で辞めようかな…」って思いました。

自分の中で60分走るということは結構ハードルが高くて、いつもくじけそうになる距離が60分になります。だから今日も…。

 

今日頑張っても明日の朝の体重はGWに不摂生したせいで重いし、とか

一日だけ頑張っても、そのがんばりの精神的疲労で続かなくなったりもするし、とか

 

それっぽい理由を付けて辞めようとしました。

でもダイエットを成功させたい一番の理由「自信を持ちたい」という観点に立ったとき、「自信は行動による成果でしか持つことができない。自信を得たいなら行動量を増やすほかない。」ということを思い返して61分走り切りました。

40分を過ぎた当たりから「あと○○分」と目標に近づくのが心地よく、それを励みにすることができました。

 

短所の克服の一助としてのランニング・ダイエット

自分の短所で嫌いな点として逃げたり、すぐあきらめたり、我慢ができなかったり、最後までやり切る粘り強さがなかったりするので、これらは一朝一夕で成果が出なかったり、精神面のムラの影響が大きいダイエットやランニングを通して克服したいなとも思っています。

そういう部分を考えたらとりあえず今日、目標を達成することが大事だからそれは素直に良かったと思います。

自分の短所は最近、加速度的に悪くなっている感覚が自分の中であるから本当に真剣に取り組んでみようと思います。

 

走り終わったあとのストレッチと意識するということ

家に帰った後、久しぶりにストレッチをしました。

股関節と太もものストレッチ。やっぱり長く走ろうと思ったときに必要だろうということと、自分の丁寧さを磨こうと思ったときにその都度丁寧に意識をしながらストレッチをすべきだと思いました。どこの筋肉を今日使ったから、伸ばしてあげようなど意識の有無によっても効果は変わってくるはず。どうせやるなら意識した方が効果高いし、集中もするはず。今月は何かと意識することを取り組んでみようと思います。

 

ランニングあるある

自分の中のランニングあるあるなんだけど、どんなに気が進まなくて走り始めたとしても終わるとすっごい報われた、やってよかったっていう気持ちに包まれます。

 

「…やっぱり今日、走って良かった。」

 

明日からも自分の理想を実現するために時間と労力と頭をしっかり使って行きたいです。

行動習慣の追加

家で飲まない等の行動習慣に追加事項を設けようと思う。以下の事項はダイエットに効果があると思うので意識したいです。

  • 起きてすぐにコップ一杯の水を飲む
  • ランニングをした後に筋肉を意識しながらストレッチをする
  • ランニングをした後、家に帰ったときに靴紐をほどく